新居のこだわり 解説

新居の扉はパナソニックのクラフトレーベル 木目柄のデザインがすごく良い

こんにちは、なおっぺ(@naoppeman)です

今回は建具を決めるまでのお話になります

お家のことって決めることがたくさんあります

その中でも、扉だけでもたくさん決めなければいけないことたくさんあるんです

 

新居が完成したので各部屋の扉を公開している記事はこちらから

パナソニックのクラフトレーベルを紹介 色が素敵なんですこんにちは、なおっぺ@naoppemanです 新居の工事がほとんど完成したので、いろいろ紹介していきたいところですが、 まず...

我が家の扉

マイホームの計画って、本当にいろいろ決めなければいけないことがあって大変ですよね

こんなところまで決めるの!ってのもあるし、形や、色、オプション付けるのか、細かい部分まで決められますし大変であり、非常に楽しい作業ですよね

意外と扉って悩むんです

我が家も家の雰囲気や、フローリングなど決まっていき、全体像がなかなか決まってきたところまで進み、悩み始めました

(最初悩んでいたときにはまだパナソニックのクラフトレーベルは発売されていませんでした)

なぜ悩んだかというと、納得するデザインがなかったのです

我が家のフローリングは無垢フローリングのブラックウォールナット、カウンターはオークのウォールナット色に塗装したものを予定、壁や天井の壁紙はアクセントクロス以外は白系です

ウォールナットの色合い、木目がすごく気に入って採用してるのもあり、扉も同じウォールナットにすると、同色で変になりそう

では、壁紙に近い色で白にしても、なんか変だよなーとかいろいろ悩みました

それ以外は、シカモア、バーチなど黄色気味の色がよくありますが、それも床の色と合わないからダメ

もう扉もウォールナット色で妥協か、、、

と思っていました

クラフトレーベルが発売

そんな時パナソニックのクラフトレーベルを発見!

見て即!惚れました!!

今までなかった色がたくさんありますし、調べると自分で色を塗ることが種類によってはできます^ ^

これがいい!!

ということです、我が家の新居にはパナソニックのクラフトレーベルを採用しました

クラフトレーベルは今年(2020年)の新商品です

確か8月発売だった気がします

カラーバリエーション

今時の流行りの種類が豊富

今までの扉はホワイトの塗りつぶし、オーク色、ウォールナット色などオーソドックスな色が多かったですが、今回のクラフトレーベルはネイビーやブルーグレー、ブラックオークなど遊び心のあるカラーラインナップにひとめぼれしました

今時のナチュラルというかカフェ風という感じにもマッチしますね

f:id:naoppeman:20181222115635j:image

しかも、これらの色は単色でなく、しっかり木目調になっており、木にこだわってる我が家にもジャストフィットです!!

f:id:naoppeman:20181222115642j:image

我が家の色は

そんな我が家で採用した色は、

1F 引き戸、開き戸にネイビーオーク

1,2F 収納扉にブラックオーク

2F 主寝室、トイレの開き戸にブルーグレーオーク

将来子供部屋にする2部屋をワイルドオークにしました

通常の家に扉4色は多めです

1色だけのお家も結構ありますので、かなり多い方です

設計さんが何色選んでも値段は変わらないとのことだったので、お言葉に甘えて何色も選びました

色の統一感は重要

ただ扉の色にはご注意ください、特にここにこだわりがなければ一色をおすすめします

なぜかというと、複数の色を取り入れると、部屋の空間に、まとまりがなくなります

ましてや、壁にどーんとあると扉は部屋のアクセントカラーになりますここを部屋の雰囲気と合わない色にすると一生後悔します

我が家は、まず1、2階でフローリングを変えてるので、

1、2階でまず、扉の色を変えて、

人が出入りする扉と物入れ用の扉で分けました

2階は洋室メインの階なのでごじゃごじゃしてもいいやと、遊びました

ワイルドオーク

この色だけDIYで色塗れます

クラフトレーベルの中でワイルドオークだけ少し特殊でして、それは、自分で色を塗ることができるということです

反りにくく作られてます

塗ることができるために、扉の真に鉄心を使用して反りにくくしているとのこと

一般的な住宅のドアはフラッシュドアといい、木材で真をつくり、面材を張り合わせて作ります

つまりほとんど木材です

木材は反ります、しかも扉って温度差が激しいところに設置してあります

片面は寒い玄関、片方は暖かいリビングなど

つまり普段から反りやすい場所に設置されています

そこにペンキや塗料で、塗るということは反りやすい部材を液体で塗るということ

つまり反らせようとしてます

なので、通常ペンキで塗るということはできないのです、会社でも扉を塗るときはウレタン塗装といって吹き付け塗装です

話がずれました、扉は本業なのでご理解ください

つまり通常であれば反ってしまうのをきちんと鉄心を入れているのはしっかりしているということです

これってカタログの端っこになってるだけなので、一般のお客さんでは見ないと思うところですね

f:id:naoppeman:20181222121258j:image

将来が楽しみ

そんなワイルドオークの色を我が家は子供部屋に設置して、子供の趣味等に合わせてDIYで自分で塗る予定です

勝手な妄想で、できれば将来の子供と一緒に作業なんてできたらいいなと思ってます

ちなみにまだ子供はいませんが^ ^’

我が家は完成した後も自分でいろいろDIYする予定なのだ遊び心ある扉はとても気に入りました

今回の内容にはパナソニックのカタログから引用させていただきました商品シリーズから探す:ベリティス クラフトレーベル | 室内ドア(内装ドア) | 室内ドア・フローリング・収納 | Panasonic

この記事の続きはこちら

 

我が家のお家の工事が順調に進んでいます

毎週更新していますので、よろしければこちらも見ていてください

よろしければツイッターフォローお待ちしてます