About

こんにちは、なおっぺ@naoppemanです、

 

私のブログを閲覧ありがとうございます。

私のプロフィールとブログに関して紹介しようと思います。

プロフィール

高校→建築系大学→住宅メーカー勤務

私は茨城県出身です。

高校は普通の偏差値の普通科を普通に卒業しました。

高校を卒業後に建築系の大学へ進学のために東京に上京をしました。

その後無事に4年で卒業後、埼玉県の住宅メーカーに就職が決まりました。

 

6年間の住宅メーカー勤務

もともと、ゼネコンなどの大きな建物に携わりたいとか設計をやりたいとかが全くなく、お客様という見える相手と接して感謝のされる仕事をしたいということで、住宅メーカで働くことを決意しました。

その住宅メーカーでは6年間現場監督として勤務しました。

というのも、もともと住宅メーカーでは最初の職種は現場監督でした。

その後は自分がやりたいことを見つけようとしました。

例えば住宅メーカーの営業や設計、インテリアコーディネーターなんかも考えていました。

ですが、全ては現場を学んでからにしたいというのが私の考えでした。

 

建築の仕事のどのポジションにいても現場のことを知らないのはありえない、現場を知ってこそ他の仕事ができると思っていました。

 

そうすれば、

  • 現場の知識がある営業マンと現場の知識がない営業マン
  • 現場の知識がある設計と現場の知識がない設計

どちらの方に一生に一度のマイホームをお願いしたいですか?

私なら現場の知識と経験がある方にお願いしたいです。

 

建築系の仕事で現場の経験は絶対に無駄にならない

 

そう思って現場監督になります。

 

まあそしたら、その住宅メーカーで退職するまで現場監督として奮闘したわけなんですが……

 

住宅メーカーの現場監督時代

現場監督としての私は自分で言うのもですが、上手くいっていました。

それは、現場監督としての成果もそうですが、職人や上司、他部署の社員からの信頼なども順調に積み上げていきました。

おかげで、その会社で一番早いタイミングで主任という役職を早々にいただき最終的にはチームリーダーまで昇格しました。

 

実際に私がどれだけ現場監督時代に住宅を担当したかというと、

退社するまでに完成させた住宅はおよそ400棟です。

入社して早々は現場監督の見習いなので自分で現場を担当しないので1,2年目はほとんど0棟に近いです。

つまり、残りの4年間で年間100棟ペースで住宅を管理しました。

 

これはですね、現場監督経験者なら分かると思いますがかなりの棟数です。

とはいっても、部下やパートさんがアシスタントで付いてくれていたので全部1人でやったわけではないですが、これだけの棟数の担当監督として働いたのはかなりしんどかったです。

ですが、不思議とこの6年間振り返ると楽しかったと思えてしまうんですよね。

 

問題や失敗も様々ありました。散々というか大量にありました。

職人から怒られるなんてのは当たり前、現場に工具泥棒が入ったり、お客様の変更工事が現場に反映されておらず直し工事をしたり、引き渡し1週間前にリビングから雨漏りして突貫で直してお客様に正座で謝罪したりと散々でした。

ですが、非常に充実していました。

 

当初入社して、怒られまくって、それを逆に言い返して電話越しで怒鳴りあった大工にも最後には泣いて見送っていただきました。

私と一緒に仕事ができて良かったと言われたのは正直現場監督として辞めるのが寂しかったです。

ですが、私はこの現場監督として働いた6年間である決意を固めてしまったのです。

 

それが、家づくり、モノづくりを管理する側でなく、実際にモノづくりをする仕事をしたいと。

 

現場監督→建具職人

モノづくりをしたいという気持ちを抑えきれずそれなりに資格も取ったので最悪仕事先に困ることはないだろうという気持ちで思い切って転職を決意しました。

 

そして、なんと転職先として決めた先が、田舎にある木工所です。

その木工所では主に木製建具を制作する会社です。

建具とは扉のことです。

とは言っても建具職人と家具職人は加工していることややっていることは似ているので家具職人をイメージしてもらえばいいかと思います。

 

というわけで、思い切って住宅メーカーの現場監督から建具職人として転職したわけです。

 

この決断は結構周りからも驚かれました。

 

というのも、まず給料ですがバリバリの激減しました。

先ほどもお話しましたが、私は住宅メーカーで役職とチームリーダーを任されていました。

そして、もちろんボーナスもあります。

 

ですが転職先は悲しくなる月給とボーナスは全くの0円

年収としては半分まではいきませんが、3,4割減りました。

 

なので、結構勇気いる転職をしたわけです。

ですが、この転職に関して後悔はしていません。

 

木工所で働く建具職人

というわけで、今の仕事である建具職人ですが、もちろん毎日毎日木材の加工などを行っています。

建具職人なので、障子なども作ります。

また、ホゾの加工や鉋やノミなどを使用した作業も頻繁に行っています。

 

本当にものづくりをしているなという実感は必要以上に感じております。

 

そして、ここからこのブログの誕生につながっていきます。

 

 

ブログの誕生

今の職場ですがなんと残業がほぼ一切ないのです。

就業時間が8時~17時です。

なので、平日でも17時に仕事が終わったら17時半には自宅に帰宅しているのです。

 

はっきり言ってクソが付くほど暇です。

 

今まで住宅メーカーで働いていた時は多少働き方改革の影響もありとはいっても、20時過ぎまで働いていました。

会社は20時で退社してもそこから上司に内緒で現場に向かうということもありました。

そして、現場は8時から動くので職人からは8時前から電話が掛かってくる。

つまり暇が全くなかったのです。

 

それが転職して職人になった、仕事の電話は一切なし。

残業や早出も一切なし。

 

もう時間があり余っていました。

しかし、転職したせいで金もない。

 

ということで、時間に余裕があるけどお金に余裕がない状況から私が出した答えはこれです。

「副業しよう!!」

そうです。

これがこのブログの始まりです。

 

ブログの紹介

時間の余裕と給料の激減をきっかけに副業を決意してネットで検索して目に止まったのが、ブログになります。

そこで、とりあえずやってみようと思って、すぐにはてなブログの無料版でブロガーとしてのスタートを切りました。

そこからはてなブログのプロ版を経由して今のワードプレスでブログを書くスタンスで続けています。

 

ではこのブログの内容に関して紹介していこうと思いますが、このブログは主に現場監督としての「家づくり」の経験と、建具職人としてのテクニックや経験から「モノづくり(DIY)」を2本柱とした構成になっています。

なぜなら理由は簡単私が元現場監督で現在建具職人だから。

 

でも、この家づくりとモノづくりって遠からず近い関係性にある分野だと思ってこの2本の分野でブログを書いていこうと決意しました。

 

家づくりに関して

家づくりは現場監督としての経験と知識をもとに書かれています。

大学~住宅メーカー勤務の期間でいろんな建築の資格を取ったので一応建築に関して幅広い知識は持っています。

私の持っている資格は主にこれ、

  • 宅建士(宅地建物取引士)
  • 二級建築士
  • 一級建築施工管理技士

なので、営業、設計、現場で仕事をするため最低限の資格は持っているんです。

私自身2019年にマイホームとなる新居を建築して主にこの自宅をもととして家づくりを解説しています。

なので、現場監督として何百棟と住宅を建築した経験からのこだわりを解説したり、工事中の自宅を解説したりしています。

新居の工事現場を元現場監督が解説している記事 全集 新居を計画中の方に読んでもらいたい記事 ┗木造住宅は雨に濡れても大丈夫なのか元現場監督の私が解説します ┗分譲住宅と...

 

そして、最近では完成した新居の紹介としてWeb内覧会というくくりでリビングやダイニングを始めいろんなことを解説しながら紹介しています。

 

今度もWeb内覧会を始め、インテリアや家具などをも紹介していく予定です。

 

モノづくり(DIY)に関して

モノづくりは建具職人として一応プロとして記事を書いています。

ですが、こちらの記事に関して私はDIY好きの方やDIY初心者に向けての内容を心がけて書いています。

色んなモノづくり、木材の加工、工具の使い方などのテクニックや知識、経験があるからこそ、初心者向けにいかに分かりやすく、簡単にDIYができるかをお伝えできればいいなと思っています。

中には、結構難易度の高い加工をしている記事もあります。

┗【DIYで契りを入れるやり方を紹介】ダイニングテーブル用の天板をリメイクする
┗木工職人が自宅の木製門柱をDIYで制作する 木材加工〜塗装まで

ですが、このような記事も自己満で終わらず、DIY初心者でも内容が分かるようにそして、自分もDIYが上達できたら自分でもやりたくなるような内容も心掛けています。

 

つまりこのモノづくりのカテゴリーでは建具職人として、DIY好きにいろんな作品の作り方やテクニック、工具などを紹介していきたいというわけです。

 

例えば、こんな記事を書いています。

┗【DIY初心者でも簡単に使用できる】トリマーの便利な3つの使い方を徹底解説

┗DIY初心者でも分かる鉋の基本知識と使い方

┗職人が教えるホームセンターでSPFやホワイトウッドの木材を選ぶ6つのポイント

┗【DIY初心者にオススメ】格安のHolifeのランダムサンダーを木工職人がレビュー

┗【マキタ3707FCレビュー】木工職人が選ぶオススメのトリマーはこれ

 

木工作品やDIYの実例は下の記事で一覧で見ることができます。

素人レベルから上達していく建具職人の木工,DIY作品集ここの記事は建具職人として毎日木工業に従事している私が今まで作成した木工品、家具制作品から、DIYの実例までを一気に紹介している記事です...

 

ブログの実績

この「家づくり DIYブログ」は本格的には2019年の1月に始動しました。

なので、この記事を編集している2020年2月の段階で1年ちょっとというまだまだ歴の浅いブログです。

一応ちょっこっとだけ実績を紹介しておくと月のPV数が付きに2~3万pvほどです。

有名でカリスマ性のあるブロガーに比べたら全然ですが、それなりに伸びてきてはいます。

そして、収益も今では5桁に達成してコツコツ成長している段階であります。

 

今後も更新していくのでぜひ「家づくり DIYブログ」をよろしくお願いします。

 

ブログの更新は基本的にツイッター@naoppemanでお伝えしているのでもしご興味いただいた方はフォローよろしくお願いします。