新居のこだわり 解説

【キッチンプランを紹介】クリナップのステディアを解説

こんにちは、なおっぺ(@naoppeman)です

前回キッチンをクリナップに決断した流れや、決め手をご紹介しました

今回はクリナップに決めてからのプランや仕様をどのように決めたか

また、我が家がこだわって決めていったことなどを書いていこうと思います

 

まだ前回の記事を見ていないという方はこちらから見れます

クリナップをすすめる!!我が家も悩んだキッチン選びこんにちは、なおっぺ(@naoppeman)です お家を建てる時キッチンってやっぱりこだわりますよね 特に奥さん、嫁さんが ...

新居に引っ越して実際に使用した感想を書いた記事はこちら

新築のキッチンを使ってみての感想クリナップのステディアこんにちは! 今回は新居のご紹介ということで、キッチン周りを紹介しようと思います キッチンて使用するのはほとんどのご家庭で奥...

洗エールレンジフードを使用してみての記事はこちら

新居のクリナップ洗エールレンジフードを使用してみたこんにちは 以前新居のキッチンをご紹介しましたが、まだ説明しきれていない機能があったのですが、 その機能を中心に紹介しようと...

 

こんな方に見ていただきたい

  • クリナップのプラン例を他の家庭の実例で知りたい
  • キッチンの何を優先しようか考えてる方
  • 食洗機を付けるか悩んでいる方
  • クリナップのステディアをもっと知りたい

 

まずはプランニングの提案書をご紹介

f:id:naoppeman:20190307213211j:plain

上の写真がクリナップからいただいた提案書です

クリナップの中のステディアという商品を採用しています

それまではクリンレディというの商品があったみたいですが、そのニューモデルです

最近よくCMで流れてるやつです

今回の記事はこの提案書をもとに解説していこうと思います

主に取り上げる内容は

  • ワークトップ
  • コンロ
  • 水栓
  • レンジフード
  • 収納キャビネット
  • 引き出し部の扉のカラー

それ以外にも、食洗機が必要か、不要かを我が家ならではの考えをまとめてみました

また、キッチンなどの設備関係はグレードと一緒に金額も気になりますよね

ちょっとした金額の計算もしてみましたので、クリナップのキッチンにご興味がある方、これからキッチンを決めようとしている方々に意味ある記事になっていると思います

ワークトップ

f:id:naoppeman:20190307221816p:plain
  • ワークトップはステンレス
  • ステンレスは熱に強い
  • 人工大理石よりステンレスの方が安い

ワークトップとはキッチンのまな板や、家事をする作業スペースの天板のことです

我が家はキッチンのワークトップはステンレスにしました

今の住宅のキッチンの主流は人工大理石です

人工大理石はデザインも豊富ですし、衝撃に強い等の特徴があります

また、ステンレスより人工大理石の方が傷にも強く、多少の傷なら落ちしやすいところもあります

でも我が家はステンレスにしました

ステンレスは人工大理石も熱に強く、熱いフライパンや鍋を敷物なく直接置くこともできるとのこと

人工大理石はさいあく割れたり破損する可能性があるみたいです

また、人工大理石の方が長期間使用しての変色がしやすいです

つまり、調理をしているときの便利さと長期で考えた衛生面ではステンレスが上という判断を我が家はしました

といっても、人工大理石にもグレードがあるので、グレードが高いものは性能も上がっているはずです

しかし、ステンレスを選ぶと嬉しいのがコスト面で安くなります

人工大理石の方が費用で上がります

なので、我が家はステンレスを好んだ上に費用を抑えることが出来ました

 

水栓はEfineというスタイリッシュ水栓

f:id:naoppeman:20190307221802p:plain
  • 最低限水栓は伸び縮み出来る方が良い
  • Efinaは鍋など大きな食器が洗いやすい
  • Efinaは水の出る音が静か

もともと標準は水栓のホース機能の伸び縮みもせず、水流をストレートとシャワーの切り替えだけできるごくごく一般的な水栓でした

これはグレードを上げることをおすすめします

せめて最低限水栓の先が伸びる機能はあった方がいいと思います

水栓が伸びない固定されてるのはシンクのお掃除がしにくいです

水栓を伸ばして隅まで洗えた方が絶対楽です

Efineは通常の水栓より高さがある為、大きな鍋とか洗いやすく、水栓とシンクの間の空間が取れるメリットがあります

クリナップが一番推してる水栓かと思います

最初水が出る位置が高そうでシンクに当たった水が跳ねそうと思いましたが、

そこはしっかり考えられているんです

水が跳ねにくいように水の出方も工夫されており、水流の線が細く出て音も出にくくなっています

もちろん水栓も伸びるのでお掃除も楽に出ます

ちなみに浄水機能は付いていません

だって必要ですか?

別に普通の水道水飲めるし問題ないでしょ

日本のお水は浄水しなくてもオッケー的な考えからです

もちろん浄水器付けると金額上がりますし

コンロはガス式

  • IH式よりガスコンロの方が費用を抑えられる
  • やっぱり料理は火でやりたい
  • ガラストップにグレードを上げた方がいい

次にコンロですが、我が家はガスコンロにしました、

今時はIHが非常に多いみたいです

IHはコンロの形が平らなので掃除のしやすは抜群なんですがね

ただやっぱり料理は火で調理したいのと、

見えない熱は熱いかわからないんです!

それと将来の子供にもIHだと火の危なさ等を教えることができないなどの理由がありました

根本が古い考えなんです我が家は(笑

それに金額的にもIHよりガスコンロの方が安いんです

ガスコンロにはガラストップというコンロの表面材をグレード上げることができるんですが、それでもガスコンロの方が安いのです!

ガスコンロにする方はガラストップにグレードを上げることをお勧めします

通常のガスコンロより、ガラストップの方が汚れが付きにくくお掃除が楽にできます

これはガラストップが熱を伝えにくい性質があるため、コンロに焦げ付きなどが付きにくいからなんです

IHより、もともとお掃除がしにくいガスコンロなので、せめてガラストップは取り入れましょう

レンジフードは洗え~る?

我が家のレンジフードは思い切ってグレードを上げ、洗エールレンジフードにしました

洗エールレンジフードはお手入れ楽々

洗エールレンジフードはオプションの商品になり、非常に優れた機能を持っています

一番の推しは、お手入れの簡単さです

洗エールレンジフードは特にこの機能が他のレンジフードより優れています

我が家もこの機能が欲しくてお金をかけてしまいました

どのようなところがお手入れが簡単なのか

普段のレンジフードのお掃除って、レンジフード特有のべたべたの蓋を開けて、べたべたのファンを外して、スポンジや使い古した歯ブラシなどでごしごし洗うと思いますが、一番手間のかかるファンを自動でお掃除してくれます

しかも準備も簡単、お湯をトレイに入れて、スイッチ押すだけです

これでファンの清掃は終わりです

これなら年末の大掃除もかなり楽になりますね

といってもぶっちゃけ今まで賃貸で同じところに4年以上住み続けたことがなく、今までレンジフードのお掃除をしたことがありません

自分の家じゃないとほとんど掃除しませんよね

そのくせ現場監督の時は偉そうにレンジフードのお手入れの仕方をお客様の主婦に説明していました。。。

というわけなんですが、これからはマイホームを持つということで、しっかりとお手入れをしてきれいにしなければいけません

なので、お手入れのことを考えて採用させていただきました

それ以外の機能も優秀

さらにお手入れの簡単さだけでなく、

  • 節水効果が高い

先ほどご説明した、ファンの清掃を手洗いでなく、自動で洗ってくれるので、手洗いにかかる無駄な水を削減できるということです

  • 自動排熱運転

これはちょっといいなと思った機能です

夏場の熱のこもった室内をある一定の温度になったら熱をオートで排熱してくれると機能です

近年の夏は暑すぎる!

私はかなりの暑がりなのでこれはうれしい機能です

ただ、この機能を使うのは、エアコンを使わないときで、おそらく外出中なので、

人がいないのに排熱の意味があるのかは少し疑問ですが

なので、実際に使える機能なのかは、新居に住んで最初の夏になるまでわかりません

  • 省エネナビ

換気する強さをセンターが反応してオートで切り替えてくれる機能です

省エネで節電にもなる機能らしいですが、これも実際どうなんですかね?

細かい機能まで高性能で、逆に本当にこの機能いるのかなって思える機能も持っていますが、こればかりは実際に生活してみないとわかりませんね

とってもクリンフードはどうだ?

ちなみに、洗エールレンジフードよりコストを抑えられる、商品として

とってもクリンフード」というのもあります

こちらは金額を抑えることが出来ますが、自動洗浄ではありません

ただ一般的なレンジフードに比べたら、お掃除が非常に楽という商品です

最初はこれでもいいと思ってました

自動洗浄そんなにいるか?とか

そんなにお金かけて洗エールレンジフードにしないで、「とってもクリンフード」でいいんじゃね、とか思ってました

標準なものから「とってもクリーンフード」にするだけでも贅沢なんじゃないのかと

しかし、自動清掃機能以外にも、いろいろ便利な機能があり、メーカー推しの商品でもあり、一生に一度の買い物だし、お金より高性能を今回はとりました

贅沢の贅沢を取ってしまいました・・

キャビネットもステンレス

  • どうせなら底板もステンレスに 

クリナップ=ステンレスとお伝えしました

しかしキャビネットの底板って標準はメラニン化粧板なんです

底板もステンレスにするのはオプションです

しかも、これに関しての金額はカタログに載っていません

その場で差額教えてもらったんですが、すみません覚えてないです

ただ、全てのキャビネットをメラニンかステンレスどちらかに統一しないといけないので、ステンレスにするといいお値段がかかったと思います

ここにきて底板だけメラニンに妥協はできませんでした

だってステンレスが良くてクリナップにしたので、

ちなみに底板がステンレスだと、衛生的にもいいです

それとお掃除のしやすさ、見た目もステンレスの方がかっこいいですね

水分に関しても、ステンレスの方が強いと思います

それと底板をステンレスにしたのにはもう一つ理由があります

収納力をあげたいから、ツールポケットも付けたい

それはツールキャビネットの追加です

ツールキャビネットを付けると強度の関係で底板をステンレスにしないといけないとのことです

嫁はツールポケットを付けたかったのでもう、強制的に底板ステンレス確定です

つまり、標準の金額から、ツールポケットと底板ステンレスオプションになりました・・

ちなみにそれ以外のキャビネットのオプションはというと、我が家は採用していませんが、インセットパネルと、スライドボックスの追加があります

収納力に関しては、自分たちが新居に引っ越したらどう収納していくのかをショールームで検討してみるといいかもしれません

キッチン後ろの食器棚を設置する方はその収納力もあると思いますので、キッチン周りの総合的な収納力と決めるのがいいと思います

扉は一番グレード低いです

扉の種類多すぎ

扉って本当にいろいろ種類ありますよね、

ありすぎて悩みますよね

各メーカーによっていろいろ特徴もあれば、だいたいどこも一緒の柄もあったり、メーカーを決めてもそのメーカーの中でもたくさんあったりと種類ありすぎですね

我が家はあえてグレードが低い扉

そんな中、我が家はあえてクリナップの中で一番グレードの低い「スエードチャコール」にしました

これはには、ちゃんと理由があります

我が家は、床が無垢フローリングでカウンター、棚などの木材はオークなど

木の素材を出して雰囲気を出しています

ここに高級感のあるグレードの高いピカピカ扉や、グレードの高い木目の色は雰囲気に合わないと判断しました

それとキッチン後ろの食器棚の面にアクセントクロスでレンガ調を予定しています

木を中心にいろいろと強調しているところが多くありますので、キッチンの扉はあまり目立たなく落ち着いた色にしたかったのです

なので今回はキッチンの主張が少ないこのスエードチャコールにしました

この色はつや消し素材の面材で添付の絵よりも実物は艶が少なかったです

実物の写真はなくて済みません・・

これもコストダウンできました

もともと住宅メーカでの見積もり時の標準が扉のclass3だったので、ここでコストダウンできました

ちなみにクリナップはclass1~class5まであり、値段はclass1が一番高くclass5一番安いです

標準がclass3でスエードチャコールがclass5なので2段階グレードを下げたということですね

好きな色選んで安くなるのでいいチョイスでした

ちなみに参考に金額の差額ですが、

class50円とすると

class3は約180,000円アップ

class1は約320,000円アップ

扉の色だけでずいぶん差があることが分かります

デザインより機能を優先したいという方は、この扉の色は費用を抑えるポイントになると思います

食洗機は付ける?付けない?

我が家は付けない!

キッチンの機能で一番悩むのが食洗機の家庭も多いのではないでしょうか

食洗機の付けるのか、付けないのか。

我が家ではキッチンのメーカーを決めるより悩んだと思います

我が家の考えをまとめると

付ける理由
  • 食洗機を付けた方が家事が楽になるんじゃないか?
  • 付ける家庭が多い
  • 子供ができて家族が増えるとあった方が楽と他の家庭から聞いた
  • 悩むならとりあえず付けておけば
  • 食洗機で洗った方が節約になる
付けない理由
  • 付けても実際使わないんじゃないか
  • 食洗機無くして収納にした方がいいんじゃないか?
  • 今賃貸で食洗機無しで生活しているのが普通だからそのまま無しでいいんじゃないか
  • 食洗機に頼らなくても、手でぱぱっと洗った方が早いんじゃない
  • 旦那が洗えばいいんじゃない(嫁の意見)

主にこれらの理由で悩んでいました

悩んだ結果、我が家は最終的に食洗機を付けませんでした

一番の理由は今の生活に食洗機がなくて不便をしていないからです

それほど食洗機に必要性を感じませんでした

嫁は私が洗い物してくれればなくてもいいよとのことでしたので(ー_ー)

やります、やりますよ・・・

食洗機を設置しなかったのでこれもコストを抑えることができました

食洗機の後付け施工はお高いです

ここで食洗機のことで元現場監督としての補足です

食洗機は後付けで設置することができますが、最初の設置するより金額がかかります

なぜかというと、工事の手間が後付けの方が何倍も大変なんです

食洗機を後から付けると、工事は食洗機の設置だけではありません

水道の給排水工事、電気工事が追加で発生しましす、

この水道、電気工事は完成した後の工事なので、全て床下を潜って作業をします

完成したお家で床下を潜って作業をするのは、

時間も手間もかかります

つまり工事費が上がります

元監督としての意見としては、

食洗機を付けるか付けないかは、新居を計画する最初に決断するのがいいです

高性能は憧れるが金額が気になる・・・

金額はどんどん上がっていきます

あれもいい、これもいいと新居の計画時はなりがちです

てか絶対になります

特にショールームやモデルルーム行くといい機能の商品がたくさんあります

高性能を求めてもどんどん金額が上がってしまいます

特にキッチンはグレード次第で食洗機、ガスコンロ、水栓などなど性能を上げるものがたくさんあります

なので、キッチンの総額も、オプション次第でピンキリです

高性能をあきらめないで

性能を上げるだけでオプション価格が、5万~10万UPなんて良くある話です

しかし、その金額をケチって一生に一度の住む我が家を妥協してよいのでしょうか?

優先度が低いのであればあきらめていいですが、優先度が高いのに金額であきらめるのは良くないと私は思います

金額を計算してみよう

今回オプション価格で金額が上がった場合をローンに置き換えて計算してみましょう

この記事でもご紹介したレンジフードを例にあげてみます

標準のレンジフードとの差額で紹介します

ちなみに標準とはプロペラファンでごく一般的なレンジフードといっていいでしょう

ではレンジフードの各グレードの商品の差額がこちらです

プロペラファンをシロッコファンにすると・・・・・・・+¥15,000

とってもクリンフード・・・・・・・・・・・・・・・・+¥58,000

そして。。。

洗エールフード・・・・・・・・・・・・・・・・・・・+¥128,000

ちょっと高いですね。。

しかし先ほども言った一生に一度の買い物です

では簡単に計算をしてみましょう

洗エールレンフードは+¥128,000です

これを35年ローンで考えると毎月いくら支払うと思いますか?

利子は省きます(細かいことは計算できません)

128000÷35=36571年で4,000円も掛かりません

では次に一か月にするといくらでしょう?

3657÷12=304.751か月305円です

たった305円払うのであればいいと思いませんか?

1ヶ月305円なら高性能の機能を持った設備使いたくないですか?

といって塵も積もればだと思うので、自分の家庭は何を優先するかで決めていただければと思います

もし旦那さんを説得するなら、これ計算は使えるかもしれませんよ

まとめ

我が家のキッチンまとめると、

天板がステンレス、ガスコンロ、食洗機は無しでちょっと今時ではない気もしてます

ただ、水栓やレンジフード、キャビネットなどのグレードを上げているので

我が家らしい仕様にまとまったかと思います

それに、扉のグレードダウン、食洗機の無しの結果、色々プラスもしましたが、

結果金額は当初の標準の金額からプラマイほぼ0円でまとまりました

我が家としてはこだわって、金額変更無しだったので、良いキッチン選びでした

この記事がキッチンを検討している方、クリナップにしたけどオプションどうしようと悩んでいる方に少しでも為になってくればと思います

もし、キッチンのことお家のことなんでも質問等あれば、問い合わせフォームやツイッターで気軽に連絡ください

キッチン以外にも、お家のこだわりをたくさん公開していますので

他の記事をぜひ見ていただければと思います

 

IKEAのカップボードはデザイン、コスパが良く新居におすすめこんにちは、なおっぺです 去年の年末にIKEAにカップボードを検討しに行ったので、 その時のことを紹介していこうと思います ...
オシャレ洗面所を公開 収納の工夫から洗面化粧台を紹介しますこんにちは、題名に自分でオシャレなんて付けちゃってるなおっぺです@naoppeman 今回は新居の紹介シリーズです ...
新居にウッドワンの洗面台を選ぶなら必見 オープンタイプで木の雰囲気がいい感じ 洗面化粧台って意外といろいろ種類あるんです ちょっと調べるとわかると思いますが、大きさも様々で、おしゃれなものも多く、悩み...

 

我が家の工事の進捗を毎週更新で公開しています

元現場監督として、解説しており今後工事が始まる方には見て頂きたい記事にまとめています

新居の工事状況 全集新居の工事進捗 基礎工事 基礎工事完成しました  基礎直し、内部水道、土台材搬入 土台工事~上棟工事 ...

よろしければツイッターフォローお待ちしてます