生活のおすすめ

ロッキンで音漏れを聴くならこの場所 おすすめポイントを紹介 

こんにちは、なおっぺ@naoppemanです。

 

今年のROCK IN JAPANも終わりましたが、私は12日の最終日にポルノグラフィティだけを音漏れで聞きに行きました。

 

なぜチケットを取らずに音漏れを狙って言ったかというと、

  1. 人混み嫌い
  2. 1日いるつもりはなく1組だけ聞ければいい(ロッキンのチケットは1日券しかないので)
  3. 夏の炎天下に日向で聞くのはしんどい

 

このような理由でチケットを取らずに音漏れを狙ったわけです。

 

それで、先日行ったROCK IN JAPANの音漏れを狙っていった結果はかなり満足できるレベルで聞くことができました。

 

なので、私が聞いた音漏れの場所やオススメの場所、注意点などをご紹介します。

ポルノグラフィティはロッキンのステージの中で一番大きなステージであるGRASSSTAGEになります。

なので、他のステージのことは書いていません。

GRASSSTAGEの音漏れを聴くという記事になります。

この記事のを書く前に事前調査編作戦編がありますので、一度見ていただいてもいいかなと思います。

 

結論だけ知りたいという方はこのまま下を見ていってください。

 

今回私が音漏れを聴いた場所はここ

私が今回見た場所は上の画像の赤まるのところになります。

ここは観覧車の裏で、パターゴルフ場の隣にある海浜公園のマップには「ぴょんぴょんサークル」と書いてある場所です。

ここは遊園地の中では一番GRASSSTAGEに近い場所になります。

当日音漏れを聴いた場所から撮った写真です。

後ろには観覧車があり、前方はGRASSSTAGEになっています。

写真を撮った場所からはテントや木があり、ステージを見ることはほとんど無理そうです。

そしてここは、パターゴルフ側に建物があって私は15:30からのライブに合わせていったのですが、日影ができていて見やすい環境でした。

また、前面に芝が生えていたので、レジャーシートを持っていけば快適に座りながら見ることもできます。

いろいろ見る場所は見て回ったのですが、落ち着いてみるなら一番ここがおススメです。

実際にライブスタートしてモニター見えました

先ほどの場所から少し位置を調整して、パターゴルフ場側から見ることにしたんですが、

その理由は上の写真の通り会場のモニターが少しだけ見えるんです。

写真だとわかりにくいですが、肉眼でもポルノが分かるぐらいの見え方でした。

もっとパターゴルフ場まで寄るとモニターがほとんど見える位置になるのですが、

そこは日影ではないのでここで見ることにしました。。。

 

音もガンガン聞こえる

実際に観覧車裏から聴いてみての感想ですが、屋外ステージということもあり、かなりちゃんと聞こえます。

低音だけでなく、ボーカルの声もちゃんと聞こえます。

なので、この時点で音漏れを聴くということに関して大満足レベルです。

 

しかし、少しマイナス点を言うと、

距離があるので、声とモニターでタイムラグが少し発生します。

なので、ボーカルの口と声が合っていません。

それとMCの時は音が小さくて少し聞き取りにくかったです。

 

それと、ここの観覧車裏の場所ですが、隣のパークステージとも近いので、途中途中パークステージからの音声も入ってきて正直グラスステージを聴きたい人にはうっとおしかったです。

ただ、グラスステージの方が規模が大きいので、音は完全にグラスステージが勝ってます。

グラスステージが始まってしまえば、パークステージの音声は気にはならない程度ではありました。

 

もう1つのオススメポイント

ポルノグラフィティが始まる前に事前にいろいろ回ってベストな場所を探していたんですが、その時に発見した私がオススメするもう1つのポイントがあります。

それが、上の画像でいうと右側の青まるのポジションです。

 

ここは、ロッキンのチケットを持っている方の入場ゲートにもなっています。

この場所は観覧車裏に比べるとモニターが全く見えないのですが、音響が非常に近くにあり、音がとても聞こえやすいんです。

なので、音だけを聴きたいというのであれば海浜公園でいう「アスレチックサークル」がベストな場所です。

またここなら他のステージからの音は入らないのでGRASSSTAGEのみの音を楽しむことができます。

 

観覧車からの写真

これは観覧車から撮った写真になります。

もともと作戦でどこからも音漏れ聴けなかったら観覧車からステージだけでも見ようということだったのですが、せっかくなので観覧車に乗ってみました。

しかもロッキン開催中に遊園地に来ると無料乗り物券が1枚もらえるので、今回は無料で観覧車に乗ることができました。

 

改めてこう観覧車から見てみるとこんだけの暑い中この人の中でライブは見れないわと感じました。

 

まとめ

  • オススメのポイントは観覧車裏 ここなら音漏れと会場のモニターが見える
  • 音だけをはっきり聴きたいのであればアスレチックサークルという青まる部分がおススメ

今回はROCK IN JAPANの音漏れを狙って海浜公園の公園を中心に行きましたが、結果としてはかなり満足できるレベルで聞くことができました。

また、今回紹介した2か所とも建物や木陰で日影があり、ライブを見るにはとても見やすい環境になっていました。

本当はチケットを買ってみた方がいいのかもしれませんが、一組だけ見れればいいやとか、子供連れで人混みの中に入るのはちょっと、などの理由で音漏れを狙うのでもいいのではないでしょうか?

 

2019年の今年はROCK IN JAPAN終わりましたが、ぜひ来年再来年と音漏れを楽しみたいという方はこのサイトを参考にしてもて下さい。

 

【2019年】ROCK IN JAPAN FESTIVALで音漏れを楽しむことができるか 事前調査編こんにちは、なおっぺ@naoppemanです。 来週からお盆に入るということで、どこの家庭も旅行などの予定があるのではない...
【2019年】ROCK IN JAPAN FESTIVALで音漏れを楽しむことができるか 作戦編こんにちは、毎日パソコンばかり相手していて、嫁が不機嫌な気がするので、どうにかお盆休暇で機嫌を取りなおそうと思っている、なおっぺ@nao...

 

ツイッターフォロー@naoppemanよろしくお願いします。

 

あわせて読みたい