生活のおすすめ

【2019年】ROCK IN JAPAN FESTIVALで音漏れを楽しむことができるか 作戦編

こんにちは、毎日パソコンばかり相手していて、嫁が不機嫌な気がするので、どうにかお盆休暇で機嫌を取りなおそうと思っている、なおっぺ@naoppemanです。

 

前回はROCK IN JAPANでポルノグラフィティの音漏れを聴くぞということで各サイトなどで音漏れを聴くために事前調査を行いました。

【2019年】ROCK IN JAPAN FESTIVALで音漏れを楽しむことができるか 事前調査編こんにちは、なおっぺ@naoppemanです。 来週からお盆に入るということで、どこの家庭も旅行などの予定があるのではない...

 

今回は調査した内容から実際の本番に向けた作戦を立てていこうという記事になります。

 

これは全て、ROCK IN JAPANで音漏れを聴きたいという嫁の願いをかなえるために奮闘する、とても優しい旦那である私の調査、作戦、実行の三部作を予定している話になります。

 

実査に聴きに行っての結果はこちら

ロッキンで音漏れを聴くならこの場所 おすすめポイントを紹介 こんにちは、なおっぺ@naoppemanです。 今年のROCK IN JAPANも終わりましたが、私は12日の最終日にポル...

前回のおさらい

ROCK IN JAPANの会場となる国営ひたち海浜公園では、

最終日である8/12の当日が入場制限が一番広く、制限の掛かっていないエリアが3か所だけということでした。

 

それは、

  • みはらしの丘、樹林エリア
  • 砂丘エリア
  • 遊園地

この3エリアしかROCK IN JAPANのチケットがないと入場できませんということでした。

なので、この3エリアのどこから音漏れを狙うかということになります。

 

GRASSSTAGEのステージの向きから考えてみた。

ROCK IN JAPANと海浜公園の両方のマップを比べてみると、ステージは草原エリアのマップで言うと左側になっていそうです。

そこから、砂丘ガーデン側に向いているということです。

そうなると、左から右に人が集まるわけですので、音響も左から右に向けて音を出すと思われます。

 

そうなると、まず、ステージの背面で音響の向きと反対側にある、

みはらしの丘、樹林エリアは音漏れを聴くには一番適さないエリアとなることが分かります。

 

なるべくステージとの距離を詰めれる位置

ここまでいたら後は距離をどれだけ詰めることができるかです。

残りの2エリアである砂丘エリアと遊園地ですが、上のようにステージになるであろう位置からの各エリアの最短距離を見てみると、遊園地方が砂丘エリアより半分の距離になりそうです。

これはもう、遊園地で確定です。

なので、まず音漏れを狙うには遊園地のステージ予想位置になるべく近い位置に近づくことが音漏れを聴く一番のポジションになります。

 

当日の作戦はこうだ

① ポルノグラフィティーが始まる前に遊園地で位置を決める

ポルノは15時からステージが始まります。

なので、それまでには音漏れを聴く位置を決めなくてはいけません。

私は昔遊園地に行ったことはありますが、全く記憶にありません。

当日に遊園地の位置関係を把握してべスポジを探します。

できればステージが始まったらステージが見えることができたらいいなというところにしたいです。

 

② 砂丘エリアへの移動も想定しておく

最初に決めた位置で音が聞こえなかったほとんど終わりですが、念のため保険をかけて砂丘エリアも考慮しておきます。

砂丘エリアには徒歩で移動することはできません。

どうやら、砂丘エリアにはシーサイドトレインという海浜公園内を走っている乗り物があるらしくそれでしか移動ができなのです。

なので、最悪を想定して、シーサイドトレインの乗り場なども事前に把握しておく必要があります。

 

③ 最後は大観覧車という手を

海浜公園の遊園地には観覧車があります。

なので、最後には観覧車を乗るのもありです。

この観覧車は全高65mで所要時間は15分とのことです。

高さ的には周りの障害なくステージが見れそうですが、後は角度だけです。

角度が合えばステージが見れるはずです。

 

作戦のまとめ

当日の作戦は

  1. ライブスタート前に遊園地エリアで最適な位置を探す。
  2. 位置がいまいちなら距離は遠くなるが、砂丘エリアから正面で見る。
  3. 最後は遊園地の観覧車に乗ってイチかバチか見る

この大きくは3つの作戦で当日実行してみようと思います。

 

実査に聴きに行っての結果はこちらから

ロッキンで音漏れを聴くならこの場所 おすすめポイントを紹介 こんにちは、なおっぺ@naoppemanです。 今年のROCK IN JAPANも終わりましたが、私は12日の最終日にポル...

 

ツイッターフォロー@naoppemanよろしくお願いします。

インスタグラムN’s wood furnitureでは家具作りなどを公開しています。

 

 

 

あわせて読みたい