新居のこだわり 解説

【お勧めの購入の仕方を紹介】 物置は展示品が狙い目 ホームセンターとネットの検討も

こんにちはなおっぺ(@naoppemanです

新居の工事が進んでおりますが、住宅を購入したらお家以外の事も考えていかなければいけません

我が家は最近まで物置の検討をしていました

そして先週ですが、ついに物置を契約しました

契約までは、楽天やアマゾンなどのネットショッピングや

ホームセンターに直接行ってみるなどいろいろと検討しました

 

なので、今回は私なりにホームセンターとネットショッピングを調査した結果、購入した結論をまとめていこうと思います

この記事はポイントは
  • ネットショッピングとホームセンターはどちらが安い
  • 結局総額でどこが安い
  • 私がお勧めする購入の仕方は50%オフで展示品狙い

 

ホームセンターとネットを検討するのにこちらの物置で検討します

今回我が家がホームセンターとネットショッピングで検討した物置は下の4点です

といっても最終的に購入したのはこの4点の中ではないのですが、

検討していた時はこの4点だったのでこの4点で比べます

  1. イナバ物置 NXN-30S
  2. タクボ物置 ND-2215
  3. タクボ物置 GP-229HF
  4. タクボ物置 GP-179AT

表でまとめるとこんな感じです

イナバタクボタクボタクボ
品番NXN-30SND-2215GP-229HFGP-179AT
サイズW2210×D1370W2200×D1590W2247×D900W1695×D900
定価¥170,640¥170,640¥159,840¥117,720

*Wは幅、Dは奥行き

*高さはすべて2m前後なので省略してます

 

金額の比較の仕方は?

今回ホームセンターとネットショッピングを比較するのに、比較の仕方は

  1. 物置本体の値段
  2. 組み立て費用
  3. 補強工事のオプション

この3つをそれぞれ比較し、かつ総額でも検討しました

また、ネットショッピングの場合は、ポイントなどでも総額がかなり安くなります

ポイントを含めて検討してみました

物置の補強工事とは

物置を検討する際に一緒に考え中ればいけないのが転落防止の補強工事です

補強工事をしないと、ブロックやコンクリートの上に載せただけで完了します

補強工事お願いすると、物置にアンカーボルトという太いボルトを物置と地面に固定をすることで転落防止処置をとります

このアンカーボルトは地面にモルタルというコンクリートに近いものを流し込んで固定をします

この補強工事は地面が土かコンクリートかによっても金額が変わってきます

今回は我が家は地面が土の為土の条件で検討した結果を紹介するとします

ホームセンターで金額を見てきました

では、ネットショッピングとホームセンターを比較するのにまず、ホームセンターに行ってきました

20~35%OFFは当たり前

ホームセンターに行くとどこもだいたい割引されてます

まず、定価では販売されてません

ホームセンターを見てるとだいたいが、20〜35%は割引になっており、安易に割引されてるから今がチャンスは失敗します

普段から割引されてると思ってください

4商品のホームセンターでの価格は?

以前ホームセンターで見てきた価格表がこちらになります

設置費用が最初から込みになっていたので、物置本体の値段が分かりませんでした

イナバのNXN-30S

20%オフ+設置費込

¥136,512

タクボのND-2215

35%オフ+設置費込

¥109,800

 

タクボのGP-229HF

30%オフ+設置費込み

¥111,888

 

タクボのGP-179AT

30%オフ+設置費込み

¥111,888

 

そして、アンカーによる補強工事ですが、1か所¥3,240で、全ての物置共通で4角に施工をするので

4か所なので合計¥12,960になります

ホームセンターの価格を表でまとめるとこんな感じです

イナバ
NXN-30S
タクボ
ND-2215
タクボ
GP-229HF
タクボ
GP-179AT
定価¥170,640¥170,640¥159,840¥117,720
本体価格+設置費用¥136,512¥109,800¥111,888¥82,404
補強費用¥12,960¥12,960¥12,960¥12,960
ホームセンターの合計¥149,472¥122,760¥124,848¥95,364

 

楽天市場を調査

ネットショッピングは我が家は普段から楽天市場を使用しているので、楽天で検討した結果を記載します

また、ポイントは普段から5倍なので5倍で計算します

また、楽天にはポイントアップ期間などがあり、2019/3/19に調べたときにポイントアップの場合は反映して計算します

楽天市場には同じ商品を扱っているショップがたくさんありますが、本体価格+補強費用+ポイントによる減額を含めた総額で安いショップを選定しています

イナバ
NXN-30S
タクボ
ND-2215
タクボ
GP-229HF
タクボ
GP-179AT
定価¥170,640¥170,640¥159,840¥117,720
本体価格¥119,448¥102,600¥102,600¥80,300
設置費用¥20,000¥20,520¥20,520¥12,960
補強費用¥12,000¥10,800¥10,800¥10,800
ポイント減額-¥16,716-¥11,286-¥11,286-¥11,242
合計¥134,732¥122,634¥122,634¥92,818

 

ホームセンターと楽天市場の金額を比較してみた

さて、ホームセンターと楽天市場にて金額を調べて見ましたが、果たしてどちらが安いのでしょうか?

合計価格にて比べてみようと思います

イナバ
NXN-30S
タクボ
ND-2215
タクボ
GP-229HF
タクボ
GP-179AT
ホームセンターの合計¥149,472¥122,760¥124,848¥95,364
楽天市場の合計¥134,732¥122,634¥122,634¥92,818
差額-¥14,740-¥126-¥2,214-¥2,546

上の表から、楽天市場で購入した方が安上がりということが分かります

ただ、今回は私が普段からポイントが5倍でかつポイントアップ期間だったため、10~15倍のポイント期間でした

ポイントを抜くとホームセンターの方が安いということが分かります

ホームセンターとネットショッピングの調査結果

  1. 絶対こっちが安いという決断が出来るほどホームセンターとネットショッピングで金額差はない
  2. ポイントを活用すればネットショッピングの方が安お得
  3. 普段ネットショッピングをしない人はホームセンターがお得

検討した結果、それほど大きな金額に差額があるわけではないので、決め手はポイントなどの還元される内容で変わってきます

普段ネットを使用する方はネットがいいと思うし、ネットより店頭に買い物に行くことの方が多いという方はホームセンターで購入するのがいいですね

我が家は50%オフで購入した

さてここまでホームセンターとネットショッピングを検討しましたが、

では実際に我が家はどこで買ったのか、そしてお勧めの買い方を紹介していきます

我が家はホームセンターで購入しました

イナバ物置のNXN-25S

定価が¥146,000のところ

50%オフ+移設設置費用込みで

¥98,500で購入しました

なぜ50%オフで購入できたかというと、展示品の売り出しを狙って購入をしたからです

なので、早い者勝ちの格安セール期間に購入したということです

展示品の購入はどうだ?

50%オフで購入できましたが、展示品ということで雨、風に1年近くあたっております

ただ、購入するのは車でもなく、物置です

物を入れるための物置をわざわざ新品で購入する必要がありますか?

我が家は、どうせ物置だし、安い方が断然いいと思いました

むしろ、これからも外に置くし多少汚れや傷があっても全然問題ありません

展示品を選べてラッキーてな感じです

 

展示品はいつ販売されるのか?

我が家が購入した時期は3月の中旬です

その時すでに展示品の半分以上が売れていたので、おそらく3月頭には展示品の販売が始まったと思います

 

私が購入したホームセンター以外にも展示品の格安販売をしていないかと思って少し離れたホームセンターも見に行きましたが、こちらは欲しいサイズはすべて売れてしまっていました

ここから、2月末~3月頭に展示品の販売が始まると思います

もし、展示品で格安で購入を狙うのならば、2月松~3月頭が狙い目です

 

取り付けをお願いしても、物置の置くスペースは自分で整地する

今回取り付け工事もセットで購入をしましたが、組み立てを自分でやることも検討していた私にとっては楽が出来てよかったと思うところですが、そうでもなかったのです

 

物置の組み立てはやってくれるのですが、なんと物置を置く地面の整地はお客さまでやってくださいとのことでした

ということで、引き渡しを終えたらまず、地面の整地をすることが確定しました

元現場監督ということもあり、なんとなく整地をするイメージはできてるので自分でやるしかないかということで、整地したら整地の仕方なんで記事も書きたいと思いますが、

どうせなら組み立てで2万以上払ってるんだから全部やってほしいものです

皆さんも物置を購入する際は整地を自分でするのかを気を付けて購入してください

格安物置のサンキン物置はどうだ?

  • コスパが格安
  • 壁が薄い
  • 作りが複雑

物置といったらイナバ、タクボ、ヨドの3社が王道といわれるシェア率の高いメーカーになります

我が家も結果的にはイナバにしましたが、実はこの3社以外にも検討していたメーカーがあります

それはサンキン物置というメーカーが気になりました

このサンキン物置はなんといってもコスパがよく、調べてみると商品によっては3社と同じサイズの物置が半額程の値段もあるとのこと

私の購入したイナバ物置のNXN-25Sが定価¥146,000ですが、

一回り小さいですが、サンキン物置のSK8S-70は定価¥103,400です

メーカーを変えるだけで4万円お得になります

 

ただ、コスパがいい分劣る部分ももちろんあります

まずは、壁が薄いということ

3社に比べると壁の鉄板がペラペラの印象とのことです

これは、何を自分達が物置がしましまうのかということかと思います

例えば、しまう物がスコップやタイヤなど、雨が入ってきてもとりあえずは大丈夫なものなどの場合はサンキン物置でもいいかと思いましたが、

我が家では丸ノコやインパクトドライバーなどのDIYで使用する電動工具、更に季節ものの電化製品などもしまう予定です

電化製品系は少しでも雨などにあたるとアウトなので雨風には完全に耐えれる強度が必要なんです

ということで、強度を優先すると最初の3社かなと思いました

サンキン物置は作りが複雑で自分で組み立てるには難易度が高いとのことです

サンキン物置はコスパだけを優先するのであればいいということですので、中に入れる物を考えた結果残念ながらサンキン物置は候補から外しました

 

まとめ

  • ホームセンターとネットの価格は余り変わらない
  • 選ぶならポイントなどの割引で変わる
  • お勧めは50%オフなどの格安で購入できる展示品の販売
  • 展示品の販売時期の1つは2月末~3月頭が狙い目
  • コストを抑えたいならサンキン物置も検討に入れるべき

今回は我が家の物置を購入するまでに調べたものを紹介してきました

ネットとホームセンターの価格差はあまり変わりません

ネットショッピングでポイント多くもらえるならネットで購入

ネットで普段購入しない方はホームセンターで購入しましょう

また、サンキン物置はコスパがいいメーカーなので、費用を抑えたい方は調べてみるといいでしょう

また、私が一番お勧めする購入のしっかたは展示品で格安購入を狙うことです

 

ここまで閲覧ありがとうございました

今回の記事を見て少しでも物置を検討するうえで役に立つ記事になればいいなと思います

 

我が家の新居の工事を毎週解説中です

新居の工事状況 全集新居の工事進捗 基礎工事 基礎工事完成しました  基礎直し、内部水道、土台材搬入 土台工事~上棟工事 ...

 

ツイッターフォローお待ちしてます