現場監督の知識

木造住宅の元現場監督が他社で新居を建てる

どういうこと。。。

タイトルにある通りです

と、いっても分かりにくいですよね

なので!!

もう少し説明すると

私は昨年まで木造住宅の現場監督を6年勤めていた経験があり、ある程度の住宅や建築に関して知識はあると思うんです

一応資格も、建築士やら施工管理技士は持ってます

ただいろいろあって転職と引越しをしました

このことについては別の記事書こうと思います

引越し先が埼玉から栃木になるので、以前の会社の施工範囲ではないので、いろいろあって

地元の住宅メーカーで新居を建てることになりました

住宅メーカー側はやりにくい

私自身も経験がありましたが、

お客さんが建築の知識があるっていうのは非常にやりにくいんです

どんなところがというと。。。

一つ一つごまかしがきかないし、会社主体とした打ち合わせもやりにくかったりもします

どの業種も同業者ではやりにくいこともあるんではないでしょうか

実際にクレームにつながったことももありました

よくあるパターンとしては自分の会社だったらこんな工事はしないとか、うちの基準には合ってないとか

正直テメーの会社のことなんか知らねーよと言いたくなるようなことが実際にありました

そんなことなら自分のところで建てろや!!

ってことなんですが、、

どうやら自分の会社は超大手で単価が高いから、うちの会社に依頼したみたいです

それでガタガタ言われてもなって感じですよ、、

上の内容は極端な事例ですので、私は全くそんなクレーマーではありません

そんなわたしだから

これから工事等進んでいくわけですが、

自宅のこだわりとか、工事状況、採用した仕様など紹介していければと思います

なぜなら、実際に自分でいろいろ調べようとした時に情報が少ないと思いました

各メーカーで設備や、建材などの良さはいくらでもホームページを見て載ってます

ただ、他のメーカーとの比較だったり実際に使用しての感想とかは

なかなかわからないのです

逆に悪いところも知りたかったりもしたんですが、これもあんまり載ってない

ブログとか調べても役に立つものが少ないと感じました

なのである程度の建築知識がある私だからこそ、

伝えられる内容があるのでは!?

ということで情報を提供していきます

見てくれてる人が新居を計画する時、している時に少しでも為になればいいです

これからいろいろ書いていきます!!